不動産目利き塾ニュース


不動産目利き塾』塾長の大谷です。

もう夏まっさかりですね。

私の夏休みの思いでは

ざっくり痛い思い出です。

つづきは編集後記で。

以下コンテンツです。

┌───────────────────────┐
○ < 本日のメニュー                │
<□> │◆不動産競売(後半)             │
||  │ 競売物件の注意点              │
│                       │
└───────────────────────┘

◆◆◆不動産競売(後半)◆◆◆

前回予告していました、不動産競売(後半)についてです。

競売に参加するには次のような物件には

注意しなければなりません。

1 市街化調整区域にある物件

2 借地権付き建物などの権利関係の複雑な物件

3 賃借人が既に借りている物件

1 市街化調整区域とは

都市計画で市街化を抑制する地域で

建物などの建築の制限のある地域です。

市街化区域とは

反対にすでに市街化を形成している区域又は

市街化を図るべき区域です。

したがって、市街化調整区域では

一般的には田畑が多い農家集落が多いです。

古家付きで購入したとしても次に再建築

できるかは分かりませんので

必ず市役所などで調査しなければなりません。

全般的に市街化調整区域の物件は安いですが

不動産投資と考えるならまず収益性を

考えましょう。

いくら物件が安いといっても

所有者が実際に住むのではなく

賃貸するというなら

賃貸市場があるかどうか

専門の業者さんに聞かなければ

なりません。

とくに地元の不動産業者に

聞いてみることが必要です。

物件がいくら安いからといってとびつかない

ことが重要ですね。

2 借地権付き建物とは

土地を借りてその上に建っている建物で

土地の所有権は他人が持っています。

この場合は土地の所有者に対して

借地料を支払っていますので

借地料がいくらなのか、

借地期間は何年なのか

契約内容を確認しなければなりません。

権利関係は複雑であればあるほど

あとあと問題になることが

あるので初心者の方には

お勧めしません。

どうしても欲しい物件であるなら

専門業者さんにアドバイスを

してもらうのが得策でしょう。

3 賃借人が既に借りている物件

賃借人が借りて既に住んでいる場合は

ある意味不動産投資をするときは

新たに借り手を探さなくてもいいので

楽なのですが、

契約内容、家賃がいくらなのか、

延滞していないのかなど

すこし煩わしいですが確認しなければなりませんね。

ということで、今回はここまでです。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

/\/\ 不 動 産 目 利 き 塾 目 安 箱  /\/\
\ 皆様からの感想・要望・質問のメールをお待ちしています /
/ ─┌──┐ 件名を「感想」とし、下記アドレスへ。   \
\ ─│\/│   ⇒ otani@ikeda-otani.co.jp     /
/ ─└──┘    (@は小文字に変換し直して下さい)  \
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

もう8月ですね。

夏休みは神戸のアンパンマンミュージアムに

行く予定にしております。

神戸にアンパンマンミュージアムが出来てから

初めての夏休みになりますので

子ども達でいっぱいだろうなと

想像するだけで汗をかいてしまいます(笑)。

私の夏休みの思い出は

毎日小学校のプールに

通ってたことが思い出されます。

大事な水泳大会の前にジュースの

空き缶のフタを踏んでしまい

ざっくり足をケガして緊急手術

試合に出られなかった思い出があります。

今の缶ジュースはプルタブになってとれませんから

安心です。

…………‥‥‥・・・・・・━━━━・・・・・・‥‥‥…………

Facebook「不動産目利き塾 大谷良太」を立ち上げました
ファンページ限定の目利きノウハウ特典発信中!
⇒ 『目利き塾』『大谷良太』で検索!
⇒ https://www.facebook.com/mekikijuku

「不動産目利き塾塾長大谷良太」のブログ
⇒ http://ameblo.jp/otani-kanteishi/

不動産目利き塾ホームページ
⇒ http://mekikijuku.jp

「目安箱」では、皆様からの感想・要望・質問をお待ち
しています。件名「感想」で!
⇒ otani@ikeda-otani.co.jp