不動産競売の評価も不動産鑑定士が行っています。


 不動産競売の評価も不動産鑑定士が行っています。
  人が借金をするとき自分の土地や建物を抵当にいれて借金をすることはよくあります。
しかし、借金を期限までに返せない場合、債権者は裁判所に申し立てをし、抵当に入れられた不動産は競売にかけられます。
 抵当権をつけていなくても債務者が手持ちの金銭で債務を返済できない場合は債権者の申し立てにより競売にかけられる場合もあります。
競売の評価
 執行裁判所は、評価人を選任し、不動産の評価を命じなければならない。不動産鑑定士は、その不動産がどのくらいの価値のあるものかを評価する。近傍同種の不動産の取引等の事情を考慮して遅滞なく評価しなければならない。一般の売却と異なり、競売による評価ということを鑑みて考慮しなければならない。
 評価が実施されたときは、評価人は、評価書を作成して執行裁判所に提出しなければならない。
執行裁判所は、評価人の評価に基づいて、不動産の売却の額の基準となるべき価額(売却基準価額)を定めなければならない。