シックハウス症候群にかかってしまったならどうしますか


 建築基準法が、改正されたときに、政府もシックハウス症候群についても検討がなされ、だんだんと対策がなされてきました。シックハウス症候群には倦怠感や頭痛といった症状がありますが、これは、建築物の床や天井につかわれている建材や家具などに使用されている有害な化学物質が影響されていると言われています。建築基準法では有害物質の使用を禁止、制限して、換気設備を設置することも義務づけています。