お知らせ

 

明石市のホームページで発見致しました。毎年やってたんですね。子午線ジャー会ってみたい。

 

 

 

 

 

あかし打ち水大作戦2011

参加者募集

 

 

 

  今年も あかし打ち水大作戦 を開催します。みんなで打ち水をして、地面の熱を下げ、冷房に頼らない涼しさを体感してみませんか?

 

【日  時】 平成23年8月13日(土) 午後4時50分~5時15分
        ※午後4時30分より受付開始(直接現地へお越しください)
        ※雨天時は中止

【場  所】 明石市立天文科学館 玄関前

【参加費】 無料:浴衣での参加を歓迎します
        ※打ち水に使用する水をペットボトルに入れて持参してください
       ※先着100名には、”打ち水タオル”をプレゼントします

【内  容】 参加者全員で路面に一斉に水をまき、気化熱効果による温度変化を
        測定します

【主  催】 明石市環境部地球環境課
【協  力】 エコウイングあかし、兵庫県地球温暖化防止活動推進連絡会(明石)

【その他】 天文科学館の「シゴセンジャー+ブラック星博士」の参加を予定   

 

  

【問合先】 明石市地球環境課 TEL 078-918-5029
       ※当日は078-919-5000 ( 天文科学館

相続税路線価が発表されました。神戸新聞から抜粋

1日発表された2011年の兵庫県内の最高路線価は、都市部を中心に下げ止まりの傾向が見られた。ただ、同じ駅前一等地でも、横ばいだった加古川に対し、明石は2年連続で県内最大の下げ幅を記録。立地条件の変化や、活性化の取り組みによって明暗が分かれる傾向が顕著になっている。

 

 「神戸、大阪の通勤圏で、駅北地区も物件が好調」と市内の不動産業者。その要因に、04年の駅高架化に伴う周辺整備の進展を挙げる。昨年2月、駅南西にできた14階建てマンションも早々に完売した。

 駅南ではさらに、マンションなどを含む整備計画もある。加古川駅前通商店街振興組合の松本浩一理事長は「居住者が増えれば、にぎわいにつながる」と期待する。

 対照的に低迷したのが明石市の明石駅前だ。

 かつては陸海交通の結節点だったが、郊外の大型店の台頭に加え、明石海峡大橋の開通で集客は目減りを続けた。昨年11月、「明石淡路フェリー(たこフェリー)」も運航休止に追い込まれた。

 市は駅前再開発の旗を振ってきたが、市長交代に伴い今後、推進か見直しかを判断する。周辺の商業者は「行政頼みで乗り切れる時代でもないと思うが、(再開発に)期待せざるを得ない」。

 近くの「魚の棚商店街」は週末、観光客でにぎわうが「市内の客をいかに呼び戻すかが起死回生の鍵」との声もある。

 

 

 

http://www.rosenka.nta.go.jp/

国土交通省は17日、2011年1月1日時点の公示地価を発表しました。

調査結果は、土地総合ライブラリーにて公表されています。

国土交通省は21日、2010年7月1日時点の都道府県地価(基準地価)を発表しました。

調査結果は、土地総合ライブラリーにて公表されています。

当社では

8月12日(木)から16日(月)まで

お盆休みとさせていただきます

よろしくお願いいたします。