利用目的に応じて、「査定」と「鑑定」を使い分けましょう。


そのご相談「不動産査定」でしょうか?「不動産鑑定」でしょうか?

不動産の価格を知りたくなった!
さて、どのくらいの信頼性、客観性が必要ですか?

住宅販売会社のチラシを見た。また売地、売家の看板をみた。
「幾らくらいだろう?」と思ったとき。

この場合なら不動産鑑定士でなくても構いません。
これは「不動産査定」といわれ不動産会社が無料で行ってくれるケースもあります。

家賃、地代の値上げに応じなかったが、調停で話し合うことになったとき。
相続不動産の価値を知り、遺産分割協議の資料としたいとき。

この場合は不動産鑑定士の出番です。

これは国家資格を持つ不動産鑑定士だけしか業務を行えません。
不動産鑑定は不動産鑑定評価基準に基づいて鑑定を行うため、不動産査定よりも信頼性が高く、裁判などでの立証資料としても活用できます。

そのため価格が算出される根拠や理由も明確に説明されており、資料内容も不動産査定と比べると充実したものとなっています。

不動産査定よりも納期に時間がかかり、料金が高いのもこのためです。

不動産の鑑定と査定は、似ているようで別物です。

「不動産査定」は、立証資料としては利用できず、単にこの物件は幾らだという相場を算出します。

基本的に形式は自由で、信頼性はさほど高くありませんが、鑑定に比べると料金は安いので、物件の参考価格を知りたい場合などには有効です。

売買仲介業者、賃貸仲介業者、管理業者、建売業者、デベロッパー、ハウスメーカーなど無料で相談にのってくれるところもあります。

当然不動産鑑定士もお力になります。

利用目的に応じて、「査定」と「鑑定」を使い分けましょう。

  • 売買の参考価格を知りたい、第三者に掲示しない場合 → 不動産査定
  • 利用目的に関係なく、対象物件の正確な評価を知りたい場合 → 不動産鑑定
  • 裁判所や税務署など公的機関に提出する場合 → 不動産鑑定