宅地造成工事費は、不動産鑑定評価にとって重要なものです。


 宅地造成工事費は、不動産鑑定評価にとって重要なものです。
 不動産の鑑定評価基準では再調達原価とは、対象不動産を価格時点において再調達する場合において必要とされる適正な原価の総額をいいます。なお建設資材、工法の変遷により、対象不動産の再調達原価を求めることが困難な場合には、対象不動産と同等の有用性を持ち物に置き換えて求めた原価(置き換え原価)を再調達原価とみなすものとします。再調達原価は、建設請負により、請負者が発注者に対して直ちに使用可能な状態で引き渡す通常の場合を想定し発注者が請負者に対して支払う標準的な建設費に発注者が直接負担すべき通常の付帯費用を加算して求めるものとします。
 なお、置き換え原価は対象不動産と同等の有用性をもつ不動産を新たに調達することを想定した場合に必要とされる原価の総額であり、発注者が請負者に対して支払う標準的な建設費に発注者が直接負担すべき通常の付帯費用を加算して求める。
 土地の再調達原価は、その素材となる土地の標準的な取得原価に当該土地の標準的な取得原価に当該土地の標準的な造成費と発注者が直接負担すべき通常の付帯費用とを加算して求めるものとします。素材となる土地の標準的な取得原価は、対象不動産が造成完了後あまり期間が経過していない場合で、かつ、近隣地域の周辺地域等に類似の素地の事例等がある場合に求めることができます。