借地契約と賃料不払い


借地契約が成立したら借地人には賃料を支払う義務が生じます。

借地人が賃料の不払いがあった場合には、借地契約を解除してしまう理由となりますが、
賃料の滞納があったからといってすぐに契約の解除を認めると、借地人にとって酷な結果となり、
建物を壊して立ち退かなければなりません。

借地契約は長期の契約が多く、このような継続して契約される場合は
地主、借地人の信頼関係が大切になってきます。

したがって、賃料の滞納があった場合でも信頼関係を裏切るような事情があった場合にしか
解除をみとめないことにしたのです。

信頼関係を破壊するといえる程度に至っている場合は別として、
すぐに契約を解除することは認められず、相当の期間を定め、催告し、
その期間内に支払いがない場合に初めて解除が認められるのです。