使用借権、使用貸借、賃貸借の評価


使用借権は、使用貸借契約によって設定され無償で他人の土地やものを利用できる権利で、
土地に設定すればタダで土地を使用できます。

使用貸借の意義

民法第593条

使用貸借は、当事者の一方が無償で使用及び収益をした後に返還することを約して相手方よりある物を受け取ることによって、その効力を生じる。

実際には使用貸借契約は書面によって契約されることは少ないため、なんらかのトラブルが発生する可能性が高く気をつけねばなりません。

よく比較されるのが有償の場合の賃借権ですが、賃料を支払っていたとしても非常に賃料の水準が低い場合には使用貸借を認定される場合があります。

鑑定評価にとって使用貸借契約による評価はあまりありませんが、実務的なことは次回ご報告したいと存じます。